どんなジャンルでもレビューしてみせる! そして日々の日記とかあったり無かったり

特に意味など無い空間

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
終局の花第一話:三人称~始まりの言葉~その2
果たして何人の人が覚えているのか小説の更新
目次はこちら
オリキャラだの感想だの募集中
パイロット版とキャラがまったく違う(汗)

~本編~
屋根の上、辺りの闇に紛れた人影が一人居た
「初冬、肌寒い夜、辺りは暗いがまだ遅い時間ではなかった。っと」
ぼそぼそと小言を言いながら、屋根の下で起こっている状況を見ている。
「そんな時に一人の長い紫の髪をした青年が一つの質素な宿に入った。そして席を勧められ座った。青年は泊まれるのかと聞いた。」
その瞳には何も写っていないようにも見えた
「その宿は、中年の女と若い娘の二人でやりくりしている宿であった。」
ふと、その影は首をかしげ、つぶやいた
「うむ、箇条書きになりすぎたな。コレではアマリ意味が伝わらん。」
しかし人影はさして考えもせずに、また箇条書きで文を書き始めた。
「彼ら、悲劇と言う名の劇の主役が始めてあった瞬間であった。」

「スミマセン、ここに泊まりたいんですけど。」
この質素な宿に似合う旅人のような男の人がやってきた。
薄地の上下の上に分厚いコートを着て、荷物一つ持っていない青年だ。ただ他の客と違うのは綺麗な顔立ちをしていること、まるで男なのか女なのか解らない顔立ちをして、紫色の長髪であること、そして何の荷物も持っていないことだ。
この時代なら普通は荷物の一つくらいは持っているはずである。いや、持っていなければ旅など出来る筈もない、それが一般的な考えかただ。しかし、彼は何一つ荷物を持っていないのだ。変った人だ、そして怪しくも有る。
「ええ、解りました。旅人の人ですか?」
「ああ、そうです。一人で色々な町を回っているんです」
彼の座っている後ろに有る薪の炎が彼を明るく映し出す。
見れば見るほど美形な人だ。すらりとした顔に紫色の長い髪の毛が妙なミスマッチをかもし出している
「そうですか。夜遅くまでお疲れ様でした。この後すぐに食事で構いませんか?」
「ええ、そうしてください。」
「解りました。それでは食事の後に就寝でよろしいですか?」
「ああそうだ!食事の後にこの町の案内をしてくれないかい?」
唐突な発言でマリーも流石に戸惑う、彼女自身あまり男と関わったことが無いからだ。
怪しい者だと自分の中で目の前の男を認識する。
「いや、無理ならばいいんです。ただ色々な町を回っている間に、その町について色々と知りたくなってきたんです。」
怪しいといっても客は客だ、無粋な扱いはできない。それにまだ町自体が眠りに付く時間でもないし、町を回っているときに怪しい行動をとれば近くの民家に助けを求めればいいだけだ。そうマリーは思った。
「いえ、よろしいですよ。それではしばらくお待ちください。」


ソレは悲劇と言う名の劇の始まりの言葉



ブログランキングもヨロシク
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| 自作小説:終局の花 | 12:30 | トラックバック:0コメント:0
終局の花第一話:三人称~始まりの言葉~その1
今までにUPしたのは一人称で解りにくいと言われたので三人称版です
一人称には無かった伏線とかも有るからコッチを正式にするかも
オリジナルキャラも地味に募集中
後今回はオリジナルキャラのミルゥ・レビオルメントが名前だけだけど出てきます

目次

~本編~
終局の花
第一話~始まりの言葉~

カタカタカタ
満月の夜
静けさに支配された街の中に一つだけ人影があった
カタカタカタ
腰まで伸ばした紫色の髪に、右手に飾り気が無く青い小さな宝石がついた指輪をして、左手に鳴らずにただ
カタカタカタ
と音を鳴らしているオルゴールを持ち歩いている
カタカタカタ
女性とも男性とも取れる美しい顔が悲しげな表情を浮かべた、まるで何かを思い出すように。
カタカタカタ
まるで、何かを欲しているように。
カタカタカタ
まるで、世界の終わりをただ傍観する人になったように。
カタカタカタ
そして、温かさを求める・・・幸せを奪われた子供のように。
カタカタピン
今まで鳴らなかったオルゴールが急に音を発した
人影はオルゴールをしまうと右手を前に差し出した
「通信:ミルゥ・レビオルメント」
右手の指輪の淡い光が少し現れ、そしてすぐに消えた
紫煙 砲火は晴れないモヤモヤした気持ちを抱えていたが、その気持ちは心の奥に締まっておこうと考えた


私は、マリーはただ普通に生きている人だった
少なくとも今日までは
何がキッカケだったのだろう?
昨日までは普通の生活だった
宿の切り盛りをして、教会へ行って祈り、眠る
それだけアレば幸せだった、それだけアレば普通の日常だった
今、目の前で血まみれになっている人が来るまでは
それは何時もと変らず、いつもと同じ日常になるはずだった
一人の青年がこの宿に止まろうとしたために
私の日常が崩れてしまった
彼は言っていた。日常こそ恐ろしいのだと


ブログランキングもヨロシク
FC2 Blog Ranking

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

| 自作小説:終局の花 | 22:57 | トラックバック:0コメント:1
自作小説:終局の花そのⅢ
毎度のコトながら忘れた頃に更新する自作小説
ナカナカ進まないんだよねこれが
今もまだオリジナルキャラとか募集中
追記:そのⅠとそのⅡとそのⅢ改正
微改正ってレベルじゃないくらい改正したから見てみて~
その1はココ
その2はココ

~本編~
教会全体が古ぼけてホコリっぽく、その中で綺麗なステンドガラスだけが目立つ教会
「始めまして神父さん」
神父は制服と長いブーツを履いて、ホコリに塗れた机に腰を下ろしてニヤケタ笑いを口に含みながら怪しげに答えた
「World Peace Keepersか?そろそろだと思ってたよ。安心したまえ、この教会は特殊な術式で音が漏れないようになってる」
フフフといやみな笑いを浮かべてるいけ好かなさそうな神父だ
「ご親切にどうも。一ついいか?って言っても答えてもらえるなんて、最初から思って無いがな」
「なんだい?」
「何故あの子だけ生きている?」
「答えると思ったかい?」
コツコツとブーツを鳴らしながら机から立ち上がり本棚に移動した
「お前が何を考えてるんだか解らないが、ココで倒すべき存在であることは解った」
「そうか、なら私も問題なく君を殺せる!」
そう言って術式の印を唱え始めた
「息吹を運ぶモノよ、鋭き舞を見せよ!術式《カマイタチ》」
神父の目の前に大きな円が現れ、その中から暴風が辺りのホコリを巻き上げ迫ってくる。
げっ、いきなりかよ。
だが術印を唱え超自然能力を引き出す術式が威力が高いわけでもない
俺はとりあえず教会の長椅子の後ろに飛び込んだ
ったく、防音だから良いものを、派手にやりすぎじゃないのか?
そんなこと考えてると、神父が余裕な口調で言ってきた
「ハハハ、冥土の見上げに教えてあげよう。ただしヒントだけだがな。」
人が死にそうなのをいいことに、付け上がる奴だ。本当にいけ好かん奴だ。そう思っている間に勝手に演説を始めやがった
「ヒントはどんな術式でも人を自白させることは出来ない。何故なら記憶は人を作る設計図のような物だ、その設計図を取られることだけはしてはならない。だから記憶を取られるくらいなら、人は記憶の破壊を選ぶ。記憶について探っている物なら当たり前の知識だ。」
全く自意識過剰な奴だな・・・
でもコレでマリーさんが何かを知っているってコトは解った。
後はこのエセ神父をどうにかするだけだ。
まあ、デタラメにコッチに向かって攻撃してるだけだ。コッチは戦いに関しては鍛えられてる、対抗策はいくらでもアル。
細い、でも消えない炎を自分の内側から湧き出る力《異能力》で作る
端にかけられている蝋燭に向かって、その炎を放つ。無論気づかれないようにだ
さらにその炎を壁に沿って走らせ神父に放つ
“ボウッ”
「なっ!」
神父が気を取られた瞬間に一気に間を積める
腰に挿したナイフを取り出して神父に投げる


・・・ってかコレ読んでる奴いるのか?

ブログランキングもヨロシク
FC2 Blog Ranking

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| 自作小説:終局の花 | 20:50 | トラックバック:0コメント:6
終局の花外伝:願望の極地
本日三回目の更新
え~クラベスさんから頂いた終局の花外伝です
ドクレイン博士ですが、そのうち本編でも出てきます
つーか本編より面白い・・・
オリジナルキャラもまだ募集中です
本編を読んで無くても楽しめる内容となっております
それでは!

願望の極地
第一話 ドクレイン博士①
「地平線が見えるじゃないか」
「建物がなさすぎるんですねぇ、へぇ。来るまでの道にも潰れた喫茶店と教会しかなかったじゃねぇですか」
「最寄の病院まで10キロだ。こんなとこに住んでるやつらの気が知れん」
 2人の前には果てしない緑色の大地が広がっていた。町からは遠い世界にひっそりと立つ壁に見えた山々が目の前に悠然とそびえている。草花は神秘的な生気をはなち、それがむしろ死の香りを漂わせ、目に映る景色すべてを灰色に濁らせていた。2人は生まれてから2度感じたことがあるか分からぬほどの居心地の悪さを感じていた。
「私に言わせりゃぁねぇ、へぇ。あんたが何故こんな陸の孤島みたいなとこにわざわざ出向いたかってことの方がよっぽどの疑問ですよ、おっと」
ジャスクは顔に飛んできた小さな羽虫を勢いよく叩き殺した。彼はその手がまるで汚らわしさの総称であるかのようにぶんぶんと回した。
「お前は黙って俺に従ってればいいんだよ、ジャスク。セルト博士の研究が失敗した試しはない。景気回復で並の仕事が流行っている今こそ、彼の助手になれる大穴なんだよ」
「イカれたものに付き合うのはギャンブルと同じだと思いますがね」
「俺は彼に賭ける」
「私はあんたに賭けてんだぜ、エルムさん」
「なら、信じることだ。なに、半年もすれば我々は億万長者だ。偉大なるドクレイン・セルト博士のお零れを預かってな」

「お零れでなくとも、研究が達成した暁には金は全てくれてやろう」
ふいに、2人の後ろで太く小さい声がした。振り返ると、黒い小型の馬車から白衣を着た長身の男が降りてくるところだった。
「おお!噂をすればセルト博士!!」
エルムとジャスクは笑顔で彼の元に走っていき、共にお辞儀をした。
「この度は長旅のためにお疲れでしょう、セルト博士」
エルムが作り笑いのまま身を乗り出して質問をする。一陣の風が吹いた。博士は返事をしない。
「えーあの、どこか具合でも悪いんでしょうか?」
今度はジャスクが尋ねたが、ドクレイン・セルトはうつむいて緑色の地面を見つめている。
「あの…」
「地質調査はしたのか」
博士は急にジャスクの顔を右手で掴み、尋ねた。
「え、あ、いや…なにぶん今着いたばかりでまだ…」
「あ、でもその代わり、宿の手配はしてありますので」
ジャスクが戸惑っているので、エルムが被さるように言った。
「私の研究には常に危険が付きまとう…そんな時間があったのなら、環境の調査ぐらいは事前にしていて欲しかったな」
「あ、はい。次からは気をつけます。で、どうしましょうか?宿の方にご案内いたしましょうか?」
「いい。じき日が暮れる。今夜はここで寝る」
「この馬車でですか?」
「動くと考えていることが吹っ飛んでいってしまいそうだ。お前らみたいなのと話しているのも苦痛だというのに」
 ドクレインは馬車にのっそりと戻ってあくびをした。
エルムは怒りだしそうになったが、あわてて自分を押し殺した。
「そうですか。では、あの、私たちは…宿の方で寝泊りしてもよろしいですよね?」
 ドクレインは一瞬考えたが、すぐに口を開いた。
「ダメだ。お前らみたいなのを私の生活する場所に触れさせることはできない」
「で、ではどこで寝ろと?」
「そこらへんの木の下に入って寒さをしのぐんだな。たまにはいいものだぞ」
 エルムとジャスクは顔を見合わせた。お互い、唇を噛みしめているのが分かる。
 2人は一礼して森の方に歩き出したが、ジャスクが急に引き返した。
「あの、セルト博士」
「なんだね、まだいたのか」
「あのー最初におっしゃっていた件についてなんですけど、よもや聞き間違いではありませんね?へえ」
「ん…?」
「いや、あの…」
 博士は大きなため息をついた。
「とことんがめつい人間だ。実験が成功したら金は全てくれてやるよ。さっさと失せろ。私には研究が全てだ」
「ありがとうごぜぇます」
 ジャスクは少しにやけながらエルムの元に戻っていったが、途中で博士に呼び止められた。
「君…」
 博士は窓から身を乗り出していた。
「な、なんですか?」
「私のことは名前で呼んでくれないか?」
「それは親近感の表れと受け取っていいのでしょうか?」
 エルムがすばやく作り笑いをして告げた。
「いや…」
 ドクレインは白衣の埃をはらいながら言った。
「父親を思い出したくないだけだ」

ブログランキングもヨロシク
FC2 Blog Ranking

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| 自作小説:終局の花 | 14:40 | トラックバック:0コメント:2
自作小説:終局の花第一話そのⅡ
流石に自分の功績も無いとね
と言う訳で自作小説第二弾
ゲストキャラの登場は無し
まだ募集してるんで・・・
ってかコメントに感想とか苦情とかくれると
とてつもなくうれしいです
設定、世界観、登場人物紹介等はココ
その1はココ
その3はココ


~本編~
夜の祈り、それは私にとって全てだった
だから今日も祈りを捧げようと宿を一人で出た
「あれ、どうしたんですか紫煙さん?こんな夜遅く」
「貴方こそ、こんな夜更けに何を?・・・えっと」
「マリーです、朝は混むので何時も夜に教会へ行くんですよ」
紫煙さんの口が歪んだ気がした
「奇遇ですね、私も神父さんに相談したいことが、誰にも聞かれたくないので」
「じゃあ私は時間をずらして・・・」
「いや構いませんよ、一緒に行きましょう、すぐ済みますし、話したいこともありますし」
「そ・・・それじゃあ」
結局紫煙さんと一緒に行くことになってしまい、私はゆっくりと宿の前から歩き出した
やっぱりこの人は苦手だ


この村で生体反応は二つ、マリーさんと教会から。恐らく犯人は教会に居る神父だろう
「ココが教会です紫煙さん」
改めて見るとデカイ教会だ
「先に入ってもいいかな?」
あまり巻き込みたくは無いが二人きりにはしたくない
「いいですよ、お先にどうぞ」
さてと一仕事始めるか
~続く~


面白いと思ったら↓のブログランキングにクリックお願いします

FC2 Blog Ranking

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

| 自作小説:終局の花 | 23:16 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフィール

G管理官

Author:G管理官
自堕落に生きている奴ですがよろしく!!
コメント、トラバック大歓迎です
基本的に更新をしてるのはG管理官のボディーガードなんですけどね(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。