どんなジャンルでもレビューしてみせる! そして日々の日記とかあったり無かったり

特に意味など無い空間

愚痴ですよハイ | main | 仮面ライダー電王感想~いや~本当にビックリだよ~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
終局の花外伝:願望の極地
本日三回目の更新
え~クラベスさんから頂いた終局の花外伝です
ドクレイン博士ですが、そのうち本編でも出てきます
つーか本編より面白い・・・
オリジナルキャラもまだ募集中です
本編を読んで無くても楽しめる内容となっております
それでは!

願望の極地
第一話 ドクレイン博士①
「地平線が見えるじゃないか」
「建物がなさすぎるんですねぇ、へぇ。来るまでの道にも潰れた喫茶店と教会しかなかったじゃねぇですか」
「最寄の病院まで10キロだ。こんなとこに住んでるやつらの気が知れん」
 2人の前には果てしない緑色の大地が広がっていた。町からは遠い世界にひっそりと立つ壁に見えた山々が目の前に悠然とそびえている。草花は神秘的な生気をはなち、それがむしろ死の香りを漂わせ、目に映る景色すべてを灰色に濁らせていた。2人は生まれてから2度感じたことがあるか分からぬほどの居心地の悪さを感じていた。
「私に言わせりゃぁねぇ、へぇ。あんたが何故こんな陸の孤島みたいなとこにわざわざ出向いたかってことの方がよっぽどの疑問ですよ、おっと」
ジャスクは顔に飛んできた小さな羽虫を勢いよく叩き殺した。彼はその手がまるで汚らわしさの総称であるかのようにぶんぶんと回した。
「お前は黙って俺に従ってればいいんだよ、ジャスク。セルト博士の研究が失敗した試しはない。景気回復で並の仕事が流行っている今こそ、彼の助手になれる大穴なんだよ」
「イカれたものに付き合うのはギャンブルと同じだと思いますがね」
「俺は彼に賭ける」
「私はあんたに賭けてんだぜ、エルムさん」
「なら、信じることだ。なに、半年もすれば我々は億万長者だ。偉大なるドクレイン・セルト博士のお零れを預かってな」

「お零れでなくとも、研究が達成した暁には金は全てくれてやろう」
ふいに、2人の後ろで太く小さい声がした。振り返ると、黒い小型の馬車から白衣を着た長身の男が降りてくるところだった。
「おお!噂をすればセルト博士!!」
エルムとジャスクは笑顔で彼の元に走っていき、共にお辞儀をした。
「この度は長旅のためにお疲れでしょう、セルト博士」
エルムが作り笑いのまま身を乗り出して質問をする。一陣の風が吹いた。博士は返事をしない。
「えーあの、どこか具合でも悪いんでしょうか?」
今度はジャスクが尋ねたが、ドクレイン・セルトはうつむいて緑色の地面を見つめている。
「あの…」
「地質調査はしたのか」
博士は急にジャスクの顔を右手で掴み、尋ねた。
「え、あ、いや…なにぶん今着いたばかりでまだ…」
「あ、でもその代わり、宿の手配はしてありますので」
ジャスクが戸惑っているので、エルムが被さるように言った。
「私の研究には常に危険が付きまとう…そんな時間があったのなら、環境の調査ぐらいは事前にしていて欲しかったな」
「あ、はい。次からは気をつけます。で、どうしましょうか?宿の方にご案内いたしましょうか?」
「いい。じき日が暮れる。今夜はここで寝る」
「この馬車でですか?」
「動くと考えていることが吹っ飛んでいってしまいそうだ。お前らみたいなのと話しているのも苦痛だというのに」
 ドクレインは馬車にのっそりと戻ってあくびをした。
エルムは怒りだしそうになったが、あわてて自分を押し殺した。
「そうですか。では、あの、私たちは…宿の方で寝泊りしてもよろしいですよね?」
 ドクレインは一瞬考えたが、すぐに口を開いた。
「ダメだ。お前らみたいなのを私の生活する場所に触れさせることはできない」
「で、ではどこで寝ろと?」
「そこらへんの木の下に入って寒さをしのぐんだな。たまにはいいものだぞ」
 エルムとジャスクは顔を見合わせた。お互い、唇を噛みしめているのが分かる。
 2人は一礼して森の方に歩き出したが、ジャスクが急に引き返した。
「あの、セルト博士」
「なんだね、まだいたのか」
「あのー最初におっしゃっていた件についてなんですけど、よもや聞き間違いではありませんね?へえ」
「ん…?」
「いや、あの…」
 博士は大きなため息をついた。
「とことんがめつい人間だ。実験が成功したら金は全てくれてやるよ。さっさと失せろ。私には研究が全てだ」
「ありがとうごぜぇます」
 ジャスクは少しにやけながらエルムの元に戻っていったが、途中で博士に呼び止められた。
「君…」
 博士は窓から身を乗り出していた。
「な、なんですか?」
「私のことは名前で呼んでくれないか?」
「それは親近感の表れと受け取っていいのでしょうか?」
 エルムがすばやく作り笑いをして告げた。
「いや…」
 ドクレインは白衣の埃をはらいながら言った。
「父親を思い出したくないだけだ」

ブログランキングもヨロシク
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

| 自作小説:終局の花 | 14:40 | トラックバック:0コメント:2
コメント
すみません、誤字がありました。
その変わり→その代わりでよろしくお願いします
2007.05.20 Sun 20:01 | URL | クラベス
修正しました
2007.05.20 Sun 20:59 | URL | G管理官のボディーガード
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://batquestiontog.blog96.fc2.com/tb.php/80-64a3918f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

G管理官

Author:G管理官
自堕落に生きている奴ですがよろしく!!
コメント、トラバック大歓迎です
基本的に更新をしてるのはG管理官のボディーガードなんですけどね(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。